【リバース:1999】評価レビュー 実際にプレイして分かったこと

当ブログはプロモーションを含みます。

【リバース:1999】評価レビュー 実際にプレイして分かったこと

2023年10月26日にリリースされた『リバース:1999』

早速プレイしてみて良かった点や気になった点がいくつかあったので解説していきます。

この記事で分かること
  • リバース:1999とは?
  • 良かった点
  • 気になった点
  • リセマラしたほうがいい?【非推奨】

先に評価の結論を言うと「雰囲気が良くパズルゲーム味があるターン制RPG」です。

仕様説明が親切で分かりやすくターン制RPGを普段やらない方でも楽しみやすいと思いました。

【PR】
リバース:1999

リバース:1999
開発元:Bluepoch Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ
【PR】
【PR】

崩壊:スターレイル

崩壊:スターレイル
無料
posted withアプリーチ

  • スマホゲーの中で最高峰のクオリティ
  • ターン制スペースファンタジーRPG

スポンサーリンク

リバース:1999とは?どんなゲーム?

リバース:1999とは?どんなゲーム?

リバース:1999とは、Bluepoch Co.が開発・運営している世紀末タイムリバースRPGです。

内容は、とある「ストーム」により通行人・壁が雨水に溶けて剥離され、世界は新しい旧時代にやって来た。その中でストームの影響を受けない主人公が真相を解明していくゲームになります。

ゲームの系統は少し変わったターン制RPGで「スペル」という攻撃・バフ・デバフカード等を融合させてランクを上げたり、位置を移動したりしながら敵を倒すというもの。

若干パズルゲーム味があると思いました。

リバース:1999:スペル

また、メインストーリーは豪華声優陣によるフルボイスです。

リバース:1999:メインストーリーはフルボイス

リバース:1999:良かった点

下記は、リバース:1999の良かった点になります。

良かった点
  • 雰囲気がかなり良い
  • 戦略性がある
  • 仕様説明が分かりやすい
  • ストーリーを何度でも見れる(スキップもできる)

実際に1つずつ解説していきます。

雰囲気がかなり良い

リバース:1999は、グラフィックや音楽など雰囲気がかなり良いです。

リバース:1999:雰囲気が良い

タイトル通りレトロ感というか哀愁漂う感じがして刺さる人には刺さると思いました。

バトルのエフェクトも最近のゲームでよく見かけるTVアニメのようなムービーではなく、あくまでゲームとしてのアニメーションが流れる感じが雰囲気に合っていてとても良いです。

安っぽい感じもなくかなり豪華な演出になっています。

リバース:1999:アルティメット

戦略性がある

リバース:1999は、一般的なターン制とは少し違った戦略性があります。

リバース:1999:戦略性がある

キャラクターは「スペル」という様々な効果を持ったカードを使って攻撃したり回復をしたりします。

このスペルには、ランクが★1~3まであり同じスペルを隣接させることで、スペルが融合して★が上がり効果が強くなります。

リバース:1999:スペルの融合

スペルによってはダメージアップだけでなく特殊効果なども付くので、見た目以上に戦略の幅が広いです。

また、MP(モキシーポイント)というのを貯めれば必殺技(アルティメット)スペルが生成されます。

スペルアタック・デバフ・バフ・カウンター・ヒールなどがある
スペルの下で長押ししなくても確認できる
アルティメットMPを貯めることにより生成される必殺技スペル
MPは主にスペルの使用や移動・ランクアップにより貯まる
リバース:1999:モキシーポイント

1ターンに動ける回数が決まっており「スペル移動」も攻撃と同様、行動としてカウントされるので結構難しいです。

個人的には、かなりやりごたえがあって面白いと思いました。

仕様説明が分かりやすい

リバース:1999は、仕様説明が詳しく記載されているので親切です。

リバース:1999:仕様説明が丁寧
  • バトル中でもチュートリアルが見れる
  • スペルに有利・不利が記載される
  • attack・buff・debuffなどが瞬時に分かる
  • 長押しでスキル説明が見れる
  • ガチャ確率の上がり方など分かる

また、ストーリーの中に詳しいチュートリアルが含まれているので、ゲームが苦手な方でもプレイしやすくなっています。

ゲームによっては軽く説明した後「ここからは自分で試行錯誤してね」みたいなゲームも多く、「何をどうすればいいんだっけ?」となりがちです。

ですが、リバース:1999は説明が丁寧で分かりやすいので誰でも遊びやすいと思いました。

ストーリーを何度でも見れる(スキップもできる)

リバース:1999は、「影像再生」というところでストーリーをボイス付きで見返すことができます。

リバース:1999:ストーリーを見返すことができる

ストーリーに興味なくてスキップしたとしても、ゲームを長くやっているうちに興味を持つかもしれないのでこれはありがたいですね。

ストーリーやイベントが終わって暇になった時見返すのも良さそうです。

【PR】
リバース:1999

リバース:1999
開発元:Bluepoch Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

リバース:1999:気になった点

下記は、リバース:1999の気になった点になります。

気になった点
  • 基本的にオートが無い(改善されるはず)

実際に解説していきます。

基本的にオートが無い

リバース:1999は、バトルにオートが無いので簡単なステージが面倒に感じます。

リバース:1999:オートがない

ターン制RPGでオートが使えないのは正直辛いと思いました。

バトル中の速度変更も2倍速までしかできず、敵のHPも多いので1戦にそこそこ時間がかかります。

戦略性があって序盤から楽しく遊べますが流石にオートは欲しいところです…

一応「行動再現」というオートに近い機能がありますが、これはクリアしたステージにのみ使えるものなので素材周回用です。

リバース:1999:行動再現

また、行動再現も少し変わった仕様で、クリアしたパーティーの行動を再現するというものになっています。

1ターンでクリアすれば次回以降も1ターンでクリアできますが、10ターンかかれば次回以降も10ターンかかるという感じです。(行動再現は4倍速まで可能)

いずれオートは実装されると思いますが、早めに来ると嬉しいですね。

リバース:1999:リセマラしたほうがいい?【非推奨】

リバース:1999でリセマラが非推奨な理由は下記になります。

理由
  • 1周に20分程度必要で20連も回せない(開始時期によって変動)
  • ガチャの最高レア確率が1.5%
  • 初回の30連で星6が1体確定で手に入る

ガチャの回数・確率・1周の時間があまり良くないのでリセマラはおすすめできません。

ただ、1時間くらい進めれば40連程度は回せるので数回ならチャレンジしても良いと思っています。

イベント時のガチャ石(雨の雫・モノロー)の配布が少ないかもしれないので…

無課金でプレイするならできれば強い星6をゲットしたいところです。

リバース:1999:評価レビューまとめ

良かった点
  • 雰囲気がかなり良い
  • 戦略性がある
  • 仕様説明が分かりやすい
  • ストーリーを何度でも見れる(スキップもできる)
気になった点
  • 基本的にオートが無い(改善されるはず)

この記事では、リバース:1999の良かった点や気になった点などを解説しました。

全体的に雰囲気も良く戦略性もあって良く出来ています。

ターン制RPGがあまり好きじゃない方でも、スペルの融合というパズルゲーム味があるので比較的楽しめると思います。

気になった方は是非遊んでみてください。

【PR】
リバース:1999

リバース:1999
開発元:Bluepoch Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ
タイトルとURLをコピーしました